外傷の湿潤療法

  • HOME
  • 外傷の湿潤療法

外傷の湿潤療法

湿潤療法(うるおい療法)とは傷に対する人間の本体持っている機能を妨げない治療法です。

治療の原則

  1. 傷口に消毒薬、ガーゼを使わない
  2. 傷口を水でよく洗い、ゴミ・汚れを十分に取り除く
  3. 乾燥させないようにする
  4. かさぶたを作らない

湿潤療法のメリット

  1. 痛みが少ない
  2. 早い
  3. 痕が残りにくい

従来の方法は、毎日消毒をしてガーゼで覆い乾燥させていましたが、湿潤療法に変える事により、痛みが少なく、傷が早く、痕が残りにくくすることが出来ます。
創傷の治療は細胞の培養と同じで、乾燥させたりイソジンなどの消毒薬を使うとせっかく出来た新しい細胞を死滅させてしまいます。
結果いつまでも治らず痛みも長く続く事になります。傷を悪化させるとすら言えるのです。

傷を湿潤状態に保つため色々の種類の創傷被覆材(ハイドロコロイド、ポリウレタンフィルム、プラスモイスト、ラップ材など)と白色ワセリンなどの軟膏を使用します。
傷が感染した場合は抗生物質の内服もしくは点滴を行います。

家庭でも出来ることが多いので、当クリニックでは出来る限り家庭での治療を指導し外来の回数を減らすようにしています。

湿潤療法の詳しい情報は 夏井 睦先生のホームページ「新しい創傷治療」をご参照ください。